印鑑を作る際のタイミング

実印を作る際のタイミングっていつ頃?何をきっかけに作ればよい? - 実印を作るベストなタイミングとは

実印を作るベストなタイミングとは

実印とは日本では1人に1つしか登録する事が出来ない、大変重要な意味を持つ印鑑の事を言います。
お住まいの市区町村の役所や役場等に、印鑑登録をすれば実印を作ることができますが、そのベストなタイミングとはどのような時期なのでしょうか。
実印を作るベストなタイミングとしては、一般的に、大学などの学校を卒業した時や、進学や就職をする時が多いと言われています。
なぜなら、そのタイミングで1人暮らしをする人も少なくは無く、実印が必要になる可能性が高くなるからです。
その他の契約等においても、実印が必要になる事があるため、このタイミングで印鑑登録する人が割と多いそうです。
また、その他のタイミングとしては、成人を機に実印を作る事が多いと思います。
成人すると言う事は、いろいろと社会的責任も発生すると言う事になります。
さまざまな社会的責任が発生すると言う事は、重大な契約をしたりすることもあり得るのです。
その為、成人祝いなどとして、実印をプレゼントするようなことも多くあるそうです。
さらに、結婚した時や、人生においての一大決心をした時、心機一転をした時などにも実印を作る事が多いと言われています。
1hjrftesre
結婚した時に実印を作るケースは珍しい事では無く、特に女性の場合は、名字を入れずに名前だけの実印を使用する人が多いそうです。
人生においての一大決心や、心機一転の時に実印を作るケースもまた、自分の気持ちの切り替え、節目というようなニュアンスを持ち、少なくは無いそうです。実印を選ぶ時は、実印を値段や素材で比較!しながらしっかりと選びましょう。
印鑑は人生や運気を左右するとも言われているため、事業を始めたり、新生活を始める時などに、多少高価な素材であっても実印を作る事があると言われています。
このように、実印を作るベストなタイミングとは、人生の節目との関係が深いと思います。
人生の節目に実印を作ることにより、自分自身に責任を持つという気持ちも芽生え、より良い影響を与えるのではないかと言われています。
印鑑にはさまざまな種類があり、認印や銀行印、実印など用途によって保管の仕方も変化してくると思います。
では印鑑の中でも最も重要な印鑑とされている実印の保管方法はどのようにしたら良いのでしょうか。
実印とは、お住まいの市区町村へ申請登録を行い、受理された印鑑だけが名乗ることができる名称です。

法律上、社会上、最も効力を発揮するものであり、用途によっては権利や義務が発生する事もあります。
このように重大な役割を担う実印の保管方法としては、実印と印鑑登録証を一緒に保管しないという点が挙げられます。
例えば、銀行印の場合でも、銀行印と通帳は別々に保管するように、防犯のためには別に保管することが望ましいのです。
また、実印を必要とする権利書や契約書などとも別々に保管する方が良いでしょう。
万一の事を考えると、そういった権利書や契約書の悪用を避ける事が出来るからです。
出来れば、タンスの引き出し等にしまうのでは無く、金庫や銀行の貸金庫などに実印を保管しておく方が良いと思います。
また、その保管場所は自分以外の人には教えるような事はせずに、自分だけの秘密にしておくとより、防犯性が高まると思います。
反対に宅配便の受け取りなどに使用する認印は、すぐに取り出せる場所に保管しておくことが良いと思います。
ちょっとしたことにすぐに使うので、いちいち金庫などに保管していたのでは、手間が掛かって仕方ありません。
家族にも分かりやすい場所に保管しておくことが良いと思いますし、また、認印の場合は、保管場所を知らせておく方が便利に使用出来ると思います。
万一盗難にあったとしても、認印の場合はさほど影響が無いからです。
このように、実印を保管する場合には、他の印鑑とは区別をつけて保管することが望ましいと思います。
印鑑証明証とも別々に保管することで、犯罪等に利用されるリスクは格段に低くなることでしょう。
出来れば、誰にも知られないような場所に保管することが良いと思います。

Copyright(C)2015 印鑑を作る際のタイミング All Rights Reserved.